記事一覧

トゥシューズ変遷

P6260055_convert_20140626101925.jpg

娘がトゥシューズを履き始めて、もうすぐ2年が経ちます。
プロのバレリーナだって、これ!と思えるトゥに出会えるのは難しいというし、
自分仕様にカスタマイズして履く方も多いのだと聞いたことがあります。

小3で初めて買ったのはチャコットの「スワン」。
先生がテキトーにフィッティングしたサイズで。

嬉しくて家でも毎日履いたので、1か月ほどで潰れ・・・
やっぱりテキトーなフィッティングでは全然サイズが合っていなかったらしく
次に買ったのはレペットの確か「バヤデール」。

これは、ソールが硬くて初心者、特に子供にはちょっとハードルが高かった模様。

そして、しばらく履いたのがチャコットの「ベロネーゼ2」。
サイズが大きくなったり、潰れたりで、何足か続けて買いました。

で、今年の春。
あるバレエセミナーで、有名なフィッターさんに見ていただける機会があり
そこで勧められたのが、チャコット 「コード」。
「もうベロ2は卒業していいんじゃない?」と。
素人には分かりませんが、そういうもんなんですかね・・・

娘は21センチと足が小さいので、ベストな選択ができないそうで、
「ベターな選択になりますが・・・」
と前置きされてコードを購入。

でも、本人は「立ちにくい」と。
確かに、膝がいつにも増して伸びていないような・・・

でもって、先日セキネに行って、グリシコ2007 ミディアムソールを購入。
本人曰く、「これが一番いい!」と喜んでおりますが。

フィッターさんもあれこれで、こまか~く見てくれる方もいれば、自信たっぷりで
1つに絞って勧めてくれる方も。

セキネでお願いした方はとにかくどんどん出してくれる。
どんどん履いてみる。
これが良さげ、と自分で決める。

何がいいのか、母はワケが分かりましぇんが、フィッティングってなんだか
とても楽しい時間だということは確かみたいですね。




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つきみ

Author:つきみ
男子高校生と女子中学生を持つママです。
日々を静かに綴っていけたらいいな。

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-