記事一覧

公式戦デビュー!

この3連休は毎朝5時起き。
というのも、息子の学校は土曜日が休みではないので、初日の土曜は
お弁当を持って普通に登校、そして暗くなるまで部活。
日曜、月曜は息子が所属するソフトテニス部の公式戦でした。

息子の学校はちょっと変わっていて、部活が本格的に始動するのは
中1の9月から。
そして、あっという間に公式戦にデビューするので、
顧問の先生からは
「1回勝てたら天才」
と言われるほどのレベル感。

親に対しても「最後まで片付けをして元気に帰れたら合格点です」と。

日曜日のデビュー戦の朝、駅まで車で送って、さぁ降りようという時になって
「ママ、ラケット忘れた」!!!
慌てて戻るものの多分予定の電車には間に合わない=集合時間にも遅れる。

家に戻る車の中で顧問の先生に電話したけれど、電車の中らしく電話に出ない。
先生にはメールで事情を伝えて、とにかく大急ぎでラケットを持って
駅まで戻る。

ぎりぎり間に合って予定の電車に乗ることができて、その旨また先生にメール。

帰宅した息子に「先生に叱られたでしょう?」と問うと
「全然。」
と言って、メールの返信を見せてくれました。

「集合に遅れても誰かしら待っていますので、心配しないでください。
慌てずに気を付けて来てください(*^-^*)」

「電車に間に合いました」のメールには
「良かったね(*^^)v」

と絵文字まで入ってる~~~。

中3の息子さんを持つ母でもある顧問の先生は、母のように
いや母よりも数段、大らかに優しく見守ってくださるので、
感謝の気持ちでいっぱいです。

息子以外にも集合する駅の1つ手前で降りてしまった子を先輩が迎えに行ったり
ハプニングがいくつかあったデビュー戦だったみたいです。

肝心の結果は、個人戦も団体戦も1回戦は勝つことができて
先生のお言葉を借りれば「天才」。

IMG_5040_convert_20130924200022.jpg

試合中、他の学校は応援の掛け声があって、時には相手のミスを野次るような内容だったりもします。
でも息子たちはものすご~く静か。
こんな感じで小さくガッツポーズするだけ。
中2の先輩たちも同様、「勝ったよ!」「やったね!」みたいな感じ。

息子が2回戦で当たった相手は中2のペアだったせいか、身体も大きくて
「弱すぎだろ~」なんて野次られつつも大健闘。
惜しいところまでいきました。
帽子を握りしめて悔しそうな様子を見せていましたが、静かに退散…

一応体育会系なんだし、もう少し声出してみたり、闘志を燃やしている姿を見せたら?と
言ってはみたものの、これも校風なのでしょうね。

他校の怖~いと噂の先生に試合結果を報告しに行く息子は
ロボットのように固まりながら歩いているし、男子たるもの
世間の荒波にもまれた方がいいのでは?と若干不安になりながらも、
ぬるま湯に浸かってゆる~く学校生活を満喫しています。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つきみ

Author:つきみ
男子高校生と女子中学生を持つママです。
日々を静かに綴っていけたらいいな。

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-