記事一覧

知育玩具

おはようございます。

昨夜は、藤井聡太四段の29連勝がニュース速報で流れましたね~。

彼は、うちの娘と同い年。

とても同じ年の子とは思えないほど、強くしっかり
驕らず、流されず確実に一歩一歩を踏みしめていますね。

今朝のテレビ番組で、
彼が使っているリュック、子供のころに遊んだ知育玩具が
人気で品切れ状態になっていると知りました。

くもんの「スタディ将棋」で遊んだのが、将棋への入り口だったとか。

そういえば我が家にもある、ある!!

IMG_1018[1]_convert_20170627080308

出してきました。
娘のクローゼットから。

駒の一つ一つに動かし方が書いてあるので、
将棋を知らない私でも付き合ってあげられるかなぁと
息子が6歳の時に買いました。

3つ下の妹まで将棋を覚えて、パパやおじいちゃんを相手に
よく遊んでいたのを思い出します。


息子の小学校にも、ものすごい頭脳を持ったお子さんがいて
それはそれはすごかった。。。

3ケタ×3ケタのかけ算を習ったときも
彼の頭の中ではもう答がでている。

でも学校では筆算を書かなくてはならないので、
彼は答を先にかき、後で筆算の間を埋めていたそうで。

その彼も将棋がすごかった。
プロ棋士になるのが夢だったけれど
どうしているかな。


思い返してみると、私の子育ては
知育玩具に大変、大変お世話になりました。

中でも、くもんの知育玩具は
赤ちゃんの頃のカードから始まり
たんぐらむ、玉そろばん、都道府県パズル、スタディ将棋・・・

数も時計も、くもんのおもちゃで学んだ気がします。

パズルや積み木で図形感覚を養ったり

ゴムや紐をボードにかけて、手先を動かしたり。


あとは、読み聞かせ。

私は 童話館のぶっくくらぶ を利用していました。

毎月、年齢に合わせた絵本が2冊ずつ届くのですが
好みが偏ってしまうため、
自分では手にとらないかもしれない本があって、

そのどれもが良本なので、これはオススメです。

いまだに二人とも、小さいときに読んだ絵本の話をすることもあって、
思い出に刻まれているのだなあと思います。


世の中はデジタルにデジタルに・・・と進んでいますが
子供の健やかな成長には
五感を直接刺激する遊びや本が必要ですよね。




にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つきみ

Author:つきみ
男子高校生と女子中学生を持つママです。
日々を静かに綴っていけたらいいな。

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-