記事一覧

卒業式

昨日は息子の小学校の卒業式でした。
暖かい春の日差しにつつまれて、旅立ちの日を迎えることができました。

前日もらってきた卒業アルバムには、6年前の入学式の写真が収められていました。
まん丸い顔で、先生の隣に座っている息子を見たら、とても懐かしくて可愛くて
ついウルウルと…

こんな調子じゃ卒業式当日には涙、涙で大変だろうなぁ、と。
マスカラもアイラインもやめておくか。
いやいや、それをしないと母さん、まるで病人っぽい。

と、思いつつしっかりアイメイクもして出かけ、でも泣く気満々でしたが
あれ?演出のせいかなんだか楽しい卒業式で全然泣けない。

卒業生の退場時もノリのいい曲がかかるので、在校生も父兄も何だかノリノリで。

学校のカラーって本当に色々です。

また明日ね~って感じで、別れてきた息子。
現に来週も友達と遊ぶ約束がいっぱいで、実感がわかないみたいです。

過酷、と呼んでも言い過ぎではない小学校生活を共にした、もしかしたら戦友。
はたして彼は一生の友に出会えたのかな。



コメント

No title

ご卒業おめでとうございます。
昔は泣かそう泣かそう~とした卒業式だったような気がしますが・・・
スタイルも今風に変わってきているのかな?
でもおめでたい事なので、
明るく楽しくお別れするのがいいのかもしれませんね。

↓ヘキサゴンのお色が可愛いですね。
「キルトで綴る日々」の本持っていますが、
え~、西の魔女・・・のお家なんですか?
私もあのお話大好きです^^

onepatchさんへ

メッセージありがとうございます。
息子の学校はとにかく賑やかなので、楽しいままのお別れでした!(^^)!

そうそう、「キルトで綴る日々。」に登場するお家はおばあちゃんの家なのです。
撮影協力の欄にも「西の魔女が死んだ」制作委員会と記載されていたので、間違いないと思います。


山梨県の清里に建っていて、消防法の規定で中には入れないけれど
お庭で紅茶をいただきながら、映画の世界に浸れるんですよ。

公開は年に何回か、と決まっているようですけれど。

ジャムを作ったかまどなんかもお庭にあって、本当に素敵な場所なんですよ~。

私と息子はすっかりその気になって、「おばあちゃん大好き!」「I know・・・」と、やってます。。。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つきみ

Author:つきみ
男子高校生と女子中学生を持つママです。
日々を静かに綴っていけたらいいな。

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-